静岡の苺農家さん直伝! 食べ頃の苺の見分け方

こんにちは。大井川物産店です。
春の果物といえば…いちご!
いちごがたくさん実るこの季節、いちご狩りも5月上旬まで楽しめますね!
おいしいいちごだけを選んで食べたいあなたへ、

いちご狩りを楽しむためのポイントを、いちご農家さんに伺ったのでご紹介しますね。

 

いちごをとるときは「茎を折るように」

まずは取り方。茎をちぎるのではなく、90度まわして、折りながら取ってみてください。

そうすることで、指でいちごを傷つけることなく収穫できます。
苺の株も傷つけることなく、さらに次に実るいちごも育ちやすくなるんですって。

 

一番美味しいタイミングは…ヘタのそり具合に注目!

すこしいちごのヘタが上にそってるのが食べ頃のサインなんです。

このくらい。
ヘタの下がはぜるくらいに完熟していれば、間違いなく甘いいちごです。

 

食べごろだと、ヘタがすごくきれいにツルッと剥けるんです(こんなにきれいにむけたの、初めてです…!!)
いちご狩りでいちごを食べる時、ヘタの真下は甘くないためヘタを残す人もいると思うのですが、高畑さんのいちごは全ての部分が甘く、美味しかったです…

皆さんがいちご狩りをするときは、ぜひ「ヘタのそり具合」と「茎を折るようにしてとる」ことについて気をつけてみてくださいね!

 

おまけ。島田・初倉にあるいちご農園に教えてもらいました

今回、いちご狩りのコツをご紹介してくれたのは、島田市の初倉にあるいちご園、ストロベリーフィールズの大畑さん。

小さなハウスを一人で運営しています。

大畑さんのいちごは、運営しているカフェ&バー「きまぐれおいちご」で購入することができます。
お求めの際は予約が確実。事前にお電話くださいね!

また、火曜〜日曜日の間に、大畑さんが作ったハウスで採れた苺を使ってカフェ&バーを経営しています!

カフェ1番人気メニュー 5月初旬までの限定デラックス苺パフェ(¥1,000)

カフェのブログは、こちらをご覧ください。

春はいちごのシーズン。いちご狩りやスイーツを味わって、大井川の春を満喫して下さいね。それではまた!