使えば使うほど味が出る! 井川メンパを長持ちさせる方法

ご飯を美味しく保存できるお弁当箱、メンパ。

「使ってみたいけど、ケアが大変なのかしら?」と疑問を持つ方もいるんじゃないでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。少しポイントを押さえれば普通のお弁当箱のように使うことができるんです。

ぜひ!井川メンパライフを始めましょう。

 

井川メンパ 買ってからのケア方法

【買った後すぐ】

井川メンパは手作り品のため、漆塗りから90日程度は硬化が不十分な場合があります。製造日より3ヶ月程度は、湿度と温度管理を行ってください。
温度は20度前後。湿度は高いところに保管しておきましょう。そうすると、漆が喜びます。(長持ちします)

【匂いについて】

また、漆だと匂いが気になる…という方も安心。大井屋さんのメンパは、漆に混ぜ物を一切行いませんので基本的に臭いはしません。そのままご利用いただけます。

【洗い方】

他の食器とまったく同じように洗剤を使用して洗うことが出来ますが、電子レンジや食洗機等は漆が痛みますのでお避けください。

 

 

もっと愛着が湧く!メンテナンスを依頼しよう

とはいえ、長年使うと漆が剥げてくる箇所もでてきます。
でも、メンテナンスを依頼することが出来るんです。

井川メンパの最大のメリットは、長年の使用で傷んでも塗り直し修理ができるところ。ぜひ塗りなおして、使い続けていきましょう!

塗り直し代は基本新品の半額で、定額で何度でも塗り直すことができます。

価格はメンパのサイズにより変動しますが、 ¥3,000〜¥4,500程度。状態がひどい場合のみ+¥500程度かかります。

メンパに漆を塗り重ねていく中で、なんとも言えない重ね塗りが醸し出す、色味の深さも楽しむことができます。
革製品のように、使えば使うほどに味わいを増すメンパ。長年使うのも楽しみのひとつですね!
あなたの生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。ぜひお手にとってみてくださいね。
それでは!

ーーー

井川メンパ『大井屋』を詳しく知る(大井屋ブログ)

 

 

関連記事はこちら