生産量は静岡県No,1!『川根本町ゆず』

茶処として有名な静岡県ですが、実は全国屈指の“みかん”の産地でもあるんです。
中でも川根本町は、静岡で一番のゆずの生産地。収穫最盛期を迎えるゆずの産地・川根本町におじゃましてきました。

静岡一のゆずの産地は、SLが走る大井川沿い。

『川根本町』は、静岡県の真ん中を流れる『大井川』の中~上流域に位置しています。

下流には世界一長い木造の橋『蓬莱橋』、上流には、最近インスタ映えする橋として注目を集めている『夢の吊橋』も。

大井川沿いを走る大井川鉄道では、SLやトーマス号が走るので、鉄道ファンやちびっこたちに大人気の地域なんです。

おいしいゆずの条件は、日当たりと寒暖差。

そんな見どころ満載の川根本町で、『川根本町ゆず』を栽培している渡辺清さんに、ゆず畑を案内していただきました!

こちらがゆず生産者の渡辺清さん。

茶畑の一角で、渡辺さんがゆずの栽培を始めたのは5年ほど前のこと。山道をぐんぐん上っていった先にある畑には、ゆずの木が輝くような黄色い実を付けています。

「お天気がよければ、向こうの山の間に富士山が見えるんですよ」

というほど見晴らしのいい場所。

ときおり、SLの汽笛も風に乗って聞こえてきます。標高500~600mのこの場所が、ゆずを育てるのに適しているのだそう。

お茶と同じで、水はけのいい土と日当たりのよさが、ゆずに合うのだそうです。

南向きの傾斜地だけど、暖か過ぎないのもよく、寒暖の差が大きいので果実が糖分をため込み、甘みのあるゆずができます。

 

ゆずは実るまでに5年もかかる!今では収穫量静岡No,1。

昭和50年代、川根本町のお茶農家さんたちが、お茶の農閑期にも出荷できる作物としてゆずに着目したのが『川根本町ゆず』の始まり。

木を植えて実が収穫できるまで4、5年かかりますが、今では渡辺さんをはじめ8人の生産者さんたちが『ふじのくに川根本町ゆず協同組合』として、ゆずを手がけています。

総面積5ヘクタールの畑で採れるゆずは年間約50トン。静岡県で一番の収穫量を誇っています。

おいしいゆずにはトゲがある?デリケートな果実の秘密。

ゆずの栽培でもっとも大変なのは?という質問に「トゲがあること」と渡辺さん。

風で枝が揺れるだけで、トゲが実を傷つけてしまうこともあるデリケートな作物。それだけに、収穫には細心の注意を払います。

放っておくと木が上に伸び、収穫が大変になるので、枝を横へ伸ばすよう手入れをしたり、実を大きくするために間引きしたりと、作業は少なくありません。

手間ひまかけて収穫した川根本町のゆずは、香り高くジューシーで、甘みと酸味のバランスもいい逸品。

静岡県内の優れた農林水産品のみが選ばれる『しずおか食セレクション』にも認定されています。

また、東京の大田市場から全国各地に出荷されているほか、その品質のよさにほれ込み、「川根本町のゆずを使いたい」と、ゆずマーマレードを作っているお店も!

ゆずの旬は冬至頃までですが、9月上旬ぐらいの青いゆずも、柚子胡椒の原料として重宝されています。

産直などで見つけたら、ぜひ一度味わってみてください!

おいしい食べ方は、こちらの記事で紹介中!
クリック→『川根本町ゆず』のおいしい食べ方

 

関連記事はこちら